パタカラで、お口まわりの筋力を鍛えることで得られる効果

patakara200.jpgお口まわりの筋肉、特にくちびるの筋力が弱いと、口が常に開いたままになり、口呼吸の状態になります。口呼吸は、乾燥した空気が口の中に入ってくることにより、お口の中が乾燥状態になるため、ドライマウス(口腔乾燥症)を引き起こします。

ドライマウスになると、唾液が少なくなるため、お口の中の歯周病菌や虫歯菌が増え、それによって、口臭、歯周病の悪化、のどの渇きなどの症状が出たり、お口に中の細菌が誤って肺に入ってしまい起こる誤嚥性肺炎のリスクも高まります。

また、抗菌力が弱くなるため、肌荒れが起こる場合もあり、筋力が弱いため、いびきやたるみ、二重あごなどの原因にもなりえます。

さらに、口呼吸は鼻呼吸に比べて集中力が下がるので、学習や仕事の効率も落ちてしまいます。
chulip-oral-kin-450.jpg



パタカラでくちびるの筋力を強くすると、口呼吸が鼻呼吸になり、ドライマウス、口臭、歯周病、いびき、肌荒れ、たるみ、二重あご、のどの渇きなどの改善につながり、またお口の中の細菌が減少することによって誤嚥性肺炎のリスクを下げる効果があります。

さらに鼻呼吸によって集中力が高まる効果も期待できます。


お口まわりの筋力を鍛えることで得られる他の効果

お口まわりの筋肉は多くの表情筋とつながっています。そのため、お口まわりの筋肉をトレーニングすることは、表情筋のトレーニングにもつながり、顔の筋肉全体が引き締まる効果があります。

chulip-face-kin-450.jpg





パタカラの使用方法について詳しく見る