患者さんの声

こちらでは、ドライマウスに限らず、根本的な歯科治療を受けられた患者さんの方々の感想や、戴いたお手紙、メールなどをご紹介しています。

新潟県新潟市在住 高梨さん

81歳の実家の母が歯周病で、たぶん歯周病菌がのどに落ちてのどが腫れて肺炎のような症状に悩んでいました。

風邪を引いた時のように眠ると大汗をかいて、一晩に何度も着替える為に夜中に起きるようでした。洗濯も大変だし、体力も消耗しているようでした。

 

母の症状から色々ネットで調べてみると、 ドライマウスという口の中の唾液量が少なくなっている状態になっていて、口の中の歯周病菌が増えて、それが肺に入ったのではないかと思い立ちました。

そういえば、この頃、食べ物の味がおかしいと言っていたのを思い出しました。

 

そこで、ドライマウスの治療として、ホームページに載っていたパーフェクトペリオを見つけて注文させていただきました。


ためしに使ってみてと母に渡したところ、あまり汗もかかなくなり、夜眠れると大喜びでした。深夜のラジオの番組を寝ちゃって聞きそこなったとか最近は言っています。

今では、パーフェクトペリオがないと心配らしく自分でFAXで頼んでいるようです。

母には寿命が延びたと、とても感謝されています。私も忙しく歯並びが悪いので、虫歯にならないようにとパーフェクトペリオを使っています。

埼玉県さいたま市在住 水元研二さん

子供のときから虫歯が多く、成人になってからは半ばあきらめてしまい、その結果前歯も奥歯も文字通りボロボロでした。 食事もほとんど丸呑みで、そのせいか胃の調子もあまり良くありませんでした。以前意を決して何件か歯科医院を受診しましたが、そのたびに奥歯は抜いて入れ歯になります。と言われてしまい、40歳そこそこで入れ歯は嫌なので、またそのまま我慢する日が続いていました。

ですから、天野先生に、なるべく抜かないで、入れ歯にしないで治しましょう。と言われたときには、正直信じられませんでした。

期間も費用も掛かりましたが、結果的には一本の歯も抜かずに治して戴いたので、とても感謝しています。

それにしても、噛めるようになってから、どんどん太ってしまい、合うズボンが少なくなってしまったのが目下の悩みです。

東京都中央区在住 北川敏子さんからのお手紙

天野 聖志 院長 様

先生には長い間大変お世話になりとてもとても感謝いたしております。

ボロボロの歯になり治療の恐怖からどうしたらよいか分からず忙しさのなかにも私のとても気になることでした。

その歯が先生の素晴らしい判断と治療でりっぱに使用できるようになりましたことは嬉しく感謝で一杯です。

東京医科歯科大学で治療していただきましたがどうしても抜歯以外方法がないと言われその後2年以上放置いたしました。

インターネットで先生のことを拝見いたしまして選ばせていただきました。

医院のシステムも素晴らしいと思いました。

毎日心配でならなかった奥歯は、今では夢のように快適です。

今年から海外にも歯のことは心配なく行けることを嬉しく存じます。

歯茎の治療をしていただきました先生にも有難くぞんじます。

とても快適です。

歯の根の先生にも懸命に治療していただきました。


院長先生はじめそれぞれの先生に有難く感謝いたしております。

神奈川県川崎市在住 井坂佳子さんからのメール

天野歯科医院様
 
このたびは、天野先生はじめ、歯周病専門医の佐藤先生、担当の伊藤先生には大変お世話になりました。

昨日で、無事治療が終わりました。

また、担当の伊藤先生には、長い期間、丁寧に診ていただき感謝申し上げます。


当初、受診するにあたり、いろいろと不安のことも多々ございましたが、受付の方はじめ、皆さま優しく、分かりやすく、アドバイスしてくださったので、とてもこころ強かったです。

本当にありがとうございました。

東京都大田区在住 高瀬さんのブログより

タイトル:歯医者さん(2010年3月4日)

歯の治療って好きな人はいませんよね。

私もかつては歯医者はできるだけ我慢して行かないようにしていました。

ただ昔から歯が弱くて、特にこの数年歯周病に悩まされ治療してきました。

思えば母の具合が悪くなった頃が最悪で、病院につきっきりだったため、東京の歯医者にも通えずひどい状態で駆け込んだのが虎ノ門にある天野歯科医院でした。

それまでの歯科医はいい先生なのですが、かなり病院も古く何となく不安になったため、ネットで検索してたどり着いた病院です。

私の担当になって下さったのは20代後半くらい(?)の若くて綺麗な女医さんでした。

何となく世間話になって、母が亡くなった話をしたら、K先生もお父様を亡くしちょうど一周忌を迎えたところとか。 これまでの辛かったことなど、何でも話せるK先生は、私にとってはカウンセラーのような存在でした。

歯槽膿漏がかなりひどく、でも治療で治せるということで、長い治療が始まりました。 その間、私のガン発症、父の死など、そのたびに先生は励ましてくださいました。

私の手術の前には四国の名刹のお札までいただきました。 うれしかったです。

そんなご縁もあり、今も定期的に検診を続けているのですが、最新の歯周病予防のうがい薬ができました。

パーフェクトペリオといいます。キャップ2杯程度で口の中を10秒くらいすすぐだけ。味はかなりまずいですが、歯ぐきが劇的に綺麗になります。また人体には影響がないので病気を持った方やお年寄りでもOK.

私は3カ月近く使っていますが、歯茎の状態がとても安定しています。何よりも手軽で、うがいもできるので風邪予防にも最適。とても気に入っています。また原液水を治療にも使うのですが、残念ながらまだこの製品はごく一部の歯医者さんでしか扱っていないようです。

老人ホームなどで使われるようになれば、高齢者の口腔ケアや風邪菌の予防にも使えていいのにな、と個人的には思うのですが。

歯周病に悩んでいる方には是非一度試していただきたい製品です。

自分の歯で物をよく噛むことは、脳の老化も防ぎます。 大事にしたいですね〜。

私はK先生に出会えたこと、亡き両親の導きだったと思っています。

東京都豊島区在住 木原 仁さん

歌を歌う仕事をしていますので、人前で大きく口を開ける機会が多く、以前から前歯の古い差し歯、歯茎の黒ずみ、奥歯の金属の色、 歯茎からの出血や口臭などが気になっていました。

今回天野歯科で、全体的な歯茎の治療をした後、前歯を歯茎の色が変わらない差し歯に換え、奥歯の詰め物もセラミックに換えたところ、歯茎の色が綺麗なピンク色になり、口臭も少なくなりました。

これからは自信を持って大きな口を開けて、歌が歌えます。ありがとうございました。

千葉県船橋市在住 峰岡仙示さん

若いころから虫歯が多く、一箇所が治るとすぐ別のところが悪くなったりで、随分長い間いろいろな歯科医院へ通いましたが、本当に満足できる治療は正直なところ、今までありませんでした。

今回、退職を機に思い切って口の中すべての治療を総合的に見直していただき、歯槽膿漏や虫歯の治療を根本的にやり直しました。

期間も費用もかなりかかりましたが、今では何でも気にせずに噛め、とても快適です。


また、1回の治療時間を長くしていただけたので、その結果、通院回数が少なくて済んだことは、少々家が遠い私にとっては助かりました。


どうもありがとうございました。

東京都世田谷区在住 森田孝子さん

長い間、顎関節症に悩まされ、今までいろいろな歯科医院や大学病院を受診しましたが、ほとんどの場合、スプリントを入れて様子を見ましょう。という言葉で治療が終わってしまい、あきらめかけていました。

天野先生の診断で、下顎が左に大きくずれていて、さらに上下のかみ合わせも下がっていることを指摘され 、かみ合わせを高くして、理想的なかみ合わせにするには、十数本の歯を削って被せ物をする必要があると聞き、最初はとても迷いました。

歯を削って仮歯を入れた後、顎の筋肉が新しいかみ合わせに慣れるまで、2〜3ヶ月かかり、その間は筋肉が張って辛かったのですが、治療を終えた現在では、昔の顎の痛みや音、肩こりや偏頭痛が嘘のように治り、とても快適な日々を過ごしております。

本当にありがとうございました。

神奈川県横浜市在住 堀内さん

被せ物が取れたので、近所の歯科医院へ受診したところ、虫歯が大きくて、被せ物では治せないので、次回抜きましょうと言われました。

その後ブリッジにする話とインプラントにする話を聞きました。


でも、家に帰ってから、どうにか抜かないで治す方法が無いものかと思いあぐねて、友人に聞き、 天野歯科医院にセカンドオピニオンのために受診しました。

結果的には歯茎の処置をするだけで、抜かないで治せたので、本当に良かったです。


それに天野先生の話では、抜歯してインプラントと言っても、歯を抜いた後、すぐにインプラントが出来るわけではなく、半年から1年近く骨の治りを待って、インプラントに十分な骨が出来てからだそうで、場合によってはインプラントが出来ない場合もあるそうです。


あのまま抜いてブリッジやインプラント治療になっていたらと思うだけで、怖くなります。


ありがとうございました。

東京都目黒区在住 笹田さん

10数年前から入れ歯になり、かなりお金をかけた のですが、ずっと入れ歯の調子が悪く、いつも歯医者通いをしていました。最近では、口の中がただれてぴりぴりすることもあり、食事もおいしくないので、体重が随分減っていました。

ですから、今回の治療で入れ歯を使わないでよくなり、本当に口の中がすっきりしました。

歯槽膿漏の治療 や根っこの治療を含めて、最終的には1年近くかかりましたが、治療が終わった現在では、すっかり若返った気分です。食事もおいしいので体重も戻ってきました。

本当にありがとうございました。

千葉県成田市在住 大野さん

昔から歯が悪く、地元の歯医者さんに何年もかかって治しても、また調子が悪くなって治療をしなおすようなことを、ずっと続けておりました。

今回、知り合いの方を通じて、 天野先生を紹介されまして、少し遠かったのですが、受診しました。


最初に全体的な治療計画を立てて戴きましたが、結局ほとんどすべての歯を治療することになりました。私の仕事の関係で、1ヶ月に1回程度しか通院出来なかったのですが、いつも丸一日かけて治療していただきましたので、割合早く治療が進みました。

現在は、あまり歯のことを気にすることなく生活出来るようになり、また知人から歯が良くていいわね。などと言われてとても満足しています。


ありがとうございました。

東京都板橋区在住 佐藤さん

前々から入れ歯が合わず、何度も作り直しましたが、一向にだめで、いつも痛いのを我慢して食べ物を噛んでいました。

天野歯科を受診しましたら、初日に2時間近く掛かって応急処置をしてくださったのですが、どういうわけか、それだけで結構ものが食べられるようになりました。

結果的には、歯槽膿漏の処置や被せ物、入れ歯とすべて治療してもらったのですが、今では前の痛みが嘘のように、入れ歯で 物が噛めるようになりました。


半年以上通院し、お金も結構かかりましたが、なんでも噛める幸せは、金銭に換えがたい喜びだと、痛感しています。


本当に治して良かったと思います。

東京都渋谷区在住 杉原さん

子供のときから、歯並びが悪く、そのせいなのか、虫歯もよく出来、この頃はうまく磨けないのか、歯茎からの出血なども出てきていました。

近所の歯医者さんでは、歯ブラシを頑張るしかないですね。と言われ続けていましたが、いくら努力してもあまり良くなりませんでした。

今回、天野先生からは、歯並びを矯正で治してから根本的な治療をしたほうが良いのではとの提案がありました。

30台半ば過ぎの年齢で、矯正の針金を入れるのには躊躇がありましたが、ちょうど仕事が忙しくない部署に移ったこともあって、全部お願いすることにしました。

矯正の針金は、最初の2週間くらいは、痛いし引っかかるしで、とても苦労しましたが、一ヶ月も経つとすっかりなじんでしまいました。

矯正とその後の治療で約1年半ほどかかりましたが、綺麗な歯になって、今はすごく嬉しいです。

東京都杉並区在住 清水哲郎さん

僕はモンゴル取材が多い写真家なのですが、モンゴルの食べ物は固いものが多く、虫歯だらけでボロボロになっていた僕の歯では、いつも食べ物が噛み切れず困っていました。

今回、半年かけて上顎、下顎ともに完璧に治療してもらったお陰で、その後のモンゴル取材では、ガンガン肉を噛み切るワイルドな男に変身することが出来ました。

歯を治していただいた天野歯科医院のみなさまには本当に感謝したいと思います。

*清水さんはホームページにご自身の歯科治療前後のモンゴルでの食事体験を掲載されています。
清水さんのホームページ:モンゴリアンチョップ

(2000年秋の清水さんのメールより)



天野先生、天野歯科医院のみなさん。いつも定期検診でお世話になっております。

このたび、モンゴリアンチョップの本を出版することになりましたので、ご報告させてください。

大袈裟なようですが、この本が出版できたことは、歯が良くなってモンゴル取材にも躊躇せず出掛けられるようになったことも一因 だったと思います。でも、今回の出版に限らず、歯を治療した後に結婚もして、写真家としてNHKテレビの写真講座の講師をはじめ、多くの貴重な機会と大きな賞をいただけたことも、歯が良くなって自信が付き、人前でも躊躇なく笑えるようになったことと無関係ではないと、この頃感じています。

以前は歯の痛みに悩まされ、ふと気が付くと歯のことばかり考えていたことなど、今では嘘のようです。当時は人前で歯を見せるのを躊躇してしまうこともしばしばだったので、やはりいま一つ積極的になれなかったのではないかと思う今日この頃です。

最近では、雑誌やテレビの仕事、写真教室やセミナーの講師、写真コンテストの審査員など、多忙な日々が続いていますが、歯の健康を維持するために、必ず定期健診には伺おうと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。

(2008年春の清水さんのメールより)


*清水哲郎さんプロフィール
mongorian-200.jpg写真家。1975年、神奈川県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、写真家・竹内敏信氏に師事。'98年に独立後は、モンゴルの大自然や貧困問題、都会に暮らす動物などをテーマに、作品を発表。2005年には『路上少年』で第1回名取洋之助写真賞を受賞。2007年4、5月はNHK教育テレビ『趣味悠々』デジタル一眼レフ風景撮影術入門に講師として出演。写真雑誌への寄稿、写真教室、セミナーの講師、コンテストの審査員などでも幅広く活躍している。2008年4月、モンゴリアンチョップ出版。(社)日本写真家協会会員。

東京都世田谷区在住 工藤緑さんからのメール

天野先生

お世話になっております。

昨日、レントゲンと矯正の英文診断書が自宅に届きました。

天野先生の所で矯正治療中に、主人のアメリカ赴任が決まり、矯正治療はどうしようかと心配しましたが、これで安心して、アメリカで引き続き、矯正治療が続けられます。

お忙しい中、ご対応くださりどうもありがとうございました。

帰国した際など、ご相談に伺うこともあるかと思いますが、またそのときは、どうぞよろしくお願いします。

いつも親身になって、良心的に治療、ご対応くださったこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

天野先生の所で、矯正を完了できないのが悔やまれますが、今まで、ありがとうございました。