ドライマウスの治療法

ドライマウスの治療を考えるにあたり、まずは正確に原因を調べることが必要です。

原因が除去できそうな場合は原因除去の方法を考え、原因の除去が難しそうな場合は対処の方法を考えます。また、原因にかかわらずドライマウスの症状が出ている場合には、唾液腺の刺激やストレスの除去、口呼吸の矯正などできることから取り組んでくことが望ましいです。

 

原因の除去ができそうな場合

薬の副作用や、糖尿病などが原因であった場合、医師と相談をして薬を変えることや、糖尿病の症状を改善させるための対処法が必要です。

特に薬の副作用が原因である場合は、処方の医師との相談で、ドライマウスの症状が出ない薬に変更してもらうことや、薬の量を減らせないかといった相談、あるいは、複数の病院へ通院して多数の薬を服用している場合には一度全体的な薬の内容と量を確認することが必要です。

患者さんご自身の意志で主治医等に相談しないと改善しないこともあるので、薬の副作用ではないかと思い当ったとしたら、できるだけ早く相談してみることが必要です。

chiryouhou01.jpg

 

 

 

 

 

 

薬の副作用によるドライマウスの症例を見る

 

 

 

原因の除去が難しい場合

シェーグレン症候群、放射線治療後、脳血管障害、老化など、原因の除去が困難そうな物の場合は、それぞれにあった対処法を考えていくことになります。

シェーグレン症候群、放射線治療後 → サラジェン錠など、唾液腺分泌促進薬を用いて対処する

老化によるもの → 唾液刺激マッサージ、唾液腺周囲の筋肉を強化する、ガムを咀嚼する

ドライマウスに伴って生じる口の中の粘膜障害に対しては、軟膏、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、ス就寝中の保湿用マウスピースなどを処方、投与します。 

chiryouhou02.jpg

 

 

 

 

 

原因にかかわらず、症状に対して取り組めること


老化による筋力の低下、ストレス、口呼吸などによってドライマウスの症状が起きてくることもあります。それぞれに対しては具体的な対処の仕方が必要です。

唾液腺を刺激するマッサージを実践する →  実際の方法はこちら

若者にもドライマウスが増えています。受験勉強や日頃の生活のストレスからドライマウスの状態になります。リラックスした時間を持ってストレス解消を実施することをこころがけてみてください。

お口ポカンの状態でテレビを見る、ゲームをするなど、開口の習癖があるとドライマウスになりやすくなり、虫歯もできやすくなります。口を閉じて鼻呼吸するする方法を身につけてください。

 

また、花粉症によるドライマウスも年々深刻な問題となってきています。くしゃみ、鼻水が止まらない状況になると、鼻が詰まり口呼吸を行う機会が増え、お口の中がかわく原因になります。また、困ったことにアレルギー症状を抑える薬もドライマウスを引き起こす原因になることがあります。点鼻薬を使う、マスクなどによる防御、早めの予防策が必要になります。

 

 chiryouhou03.jpg